忍者ブログ

京都造形芸術大学 日本画研究室選抜 新人作家展/京都造形芸術大学日本画selection
[1] [2] [3
Posted by - 2018.10.22,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 画心展 - 2014.04.17,Thu


こんにちわ。今年も京都造形芸術大学 日本画研究室 選抜展
画心展 selectionの季節がやってまいりました。
本年度も、佐藤美術館にて開催させて頂くことになりました。
本日、作品の積み込みを終え、明後日からの開催となります。

学部生から大学院修士・博士課程、通信教育学部より
選抜された総勢21名の作家が一堂に会して展示を行います。


本学教授である石本正の命名により2004年からスタートし、
今年で11回目を迎えることになりました。


これまでにも増して、表現方法は多様化し、その幅を拡張する様相を呈してきている作品群に、
是非とも足をおはこびいただき、ご高覧いただきますよう心よりお願い申し上げます。



画心展 selection  京都造形芸術大学 日本画研究室 選抜展

公益財団法人佐藤国際文化教英財団
佐藤美術館
2014.4.19 sat - 5.1 thu ※月曜日
東京都 新宿区 大京町 31-10

tel. 03 - 3358 - 6021
Email.  sato-museum@nifty.com
HP  http://homupage3.nifty.com/sato-museum


access

・JR総武線 信濃町駅より徒歩5分
・JR総武線 千駄ヶ谷駅より徒歩6分
・都営 大江戸線 国立競技場駅A3出口より徒歩4分


***

また、本年度より新しく、画心展、facebookページを開設致しました!


facebook 画心展ページ


本年度をはじめ、これからの画心展情報や出品作品情報を
少しずつお知らせしてゆければと思います。どうぞご拝読お願い致します◎








PR
Posted by 画心展 - 2013.04.17,Wed
画心展 ついに明日が初日です。
是非ご高覧下さいませ。

以下、出品者略歴、今回の出品作品です。



横関 健太郎

「apotheosis」

制作:2012 年

素材:杉パネル・岩絵具・金箔・銀箔

   サックス箔・墨・カシュー・金泥

   

寸法:H.2000 × W.4000mm

〈経歴〉

1988 年 京都府出身

2013 年 京都造形芸術大学 卒業

〈展示・受賞歴〉

2013 年  connect ( 同時代ギャラリー/京都)

     京都造形芸術大学卒業制作展 学科賞

     ( 京都造形芸術大学/京都)

2012 年 第十一回福知山市佐藤太清賞公募美術展 入選   

     ( 福知山市厚生会館・他/京都等)

画心展-selection vol.2- ( 佐藤美術館/東京)

  Gen ( 元・立誠小学校/京都)

2011 年 第5回トリエンナーレ豊橋 星野 眞吾賞展/入選   

     ( 豊橋市美術博物館/愛知)








三又 耕三
岩淵」

制作:2012 年

素材:雲肌麻紙・岩絵具・水干絵具

寸法:H.1303 × W.1620mm

〈経歴〉

1945 年 大阪府出身

Posted by 画心展 - 2013.04.16,Tue
本日、大学からの作品積み込みが終わり、明日は現地での搬入となりました。
明後日からの会期となりますが皆様のお越しを出品者一同、心よりお待ちしております。

2013年、画心展SelectionVol.3佐藤美術館にて4/18(木)〜4/29日(月)まで開催致します。

公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館

〒160-0015 東京都新宿区大京町31−10 Tel:03-3358-6021.
アクセス :都営大江戸線 国立競技場 A3出口 徒歩 4分
総武線 千駄ヶ谷 徒歩 5 分
総武線 信濃町 徒歩 6分


画心展SelectionVol.3 4/18(木)〜4/29日(月)
10:00〜17:00(金曜日は19:00まで)
※4/22(月)休館


公開講評4/20(土) 15:00〜16:30
佐藤美術館3階、4階
佐藤美術館主任学芸員立島恵と京都造形芸術大学日本画コース教員が
出品作品を講評します。
参加教員:青木芳昭、菅原健彦、松生歩、山田伸、吉川弘

レセプション:4/20(土)17:00〜19:00
佐藤美術館5階

以下、作家の略歴を随時投稿致します。どうぞよろしくお願い致します。




八木 佑介 修士課程 一年次在籍
午前二時五十二分」       

制作:2011 年

素材:麻紙・岩絵具・水干絵具

寸法:H.1455 × W.1455mm

〈経歴〉

1991 年 京都府出身

現在   京都造形芸術大学大学院 修士課程一年次 在籍

     佐藤国際文化育英財団 第22期奨学生

〈展示・受賞歴〉

2013 年 京都造形芸術大学卒業制作展/学長賞・佐川美術館・ 

     栗和田榮一郎賞(京都造形芸術大学/京都)

2012 年 四人展「京都+東京」(銀座スルガ台画廊/東京)

2011 年 第五回豊橋トリエンナーレ星野眞吾賞展/入選   

     審査員推奨(豊橋市美術博物館/愛知)




Posted by 画心展 - 2012.04.11,Wed
先週の土曜日、4月7日は、画心展-selection vol.2-の公開講評&トークセッションが行われました!
数多くのお客様がご来場してくださいました。
ありがとうございました。

講評は、京都造形芸術大学の教員である、青木芳明、菅原健彦、山田伸、山田真澄と、 佐藤美術館学芸部長の立島惠さんが、学生の作品について様々な視点で評価やアドバイスをしてくださいました。

また、美術の窓などの記者である、磯部靖さんからも、展覧会を観覧してのご感想をいただきました。

Posted by 画心展 - 2012.04.06,Fri
画心展 sélection vol.2 は 4月15日(日)まで
佐藤美術館で開催中です。(10:00〜17:00 (金曜日19:00まで)月曜休館 入場無料)

 4月7日(土)15:00からは
佐藤美術館3階・4階展示室にて
京都造形芸術大学日本画コース教員が出品作品の講評を行います。

また17:30からは佐藤美術館5階にて
「なぜ今日本画なのか」などをテーマに、教員と学生含めトークセッションを行います。

皆様せひご来場くださいませ。



画心展



京都造形芸術大学 日本画研究室主催のグループ展です。
詳しくはこちら→「画心展とは」
◎最新の展覧会情報はこちら
最新コメント
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]